Home Word(ワード)

企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

0 2150

大きさの調整
丸ハンドルの上にマウスポインタを乗せ、ドラッグすると大きさを変えることができます。
ちなみに、 緑丸は回転、黄色ひし形は文字の傾き を変えることができます。
ともに、マウスポインタを重ねてからドラッグして操作します。
 

0 2394

ワードアートが挿入された時点では、文字列の折り返しが[行内]になっていて、任意の場所へ移動ができません。
ワードアートのリボンを使う場合
[書式]タブの[配置]グループにある[文字列の折り返し]で[前面]など[行内]以外に設定します。
書式設定のダイアログからの設定する場合
[書式]タブの[サイズ]グループにある「ダイアログアクセスランチャー」を選択します。
[ワードアートの書式設定]ダイアログが表示されます
[レイアウト]タブを選択し、[前面]などを選択します。
 

0 2297

ワードアートが挿入された時点では、文字列の折り返しが[行内]になっていて、任意の場所へ移動ができません。
ワードアートを選択します。[ワードアート]リボンが表示されます。
[書式]タブの[配置]グループにある[文字列の折り返し]で[前面]など[行内]以外に設定します。
ワードアートの文字上をポイントし(マウスポインタが両矢印になります)、ドラッグして移動します。
(注)ワードアートの選択は文字の上にマウスポインタを合わせます。
十字矢印に変わるところ、文字の空間(隙間)では選択できません。
 

0 2279

1.[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ワードアート]を実行します。
デザインをクリックして選択します。

2.ワードアート テキストの編集
「ここに文字を入力」と選択された状態で表示されますので、このままの状態でキーボードから文字を入力します。
文字が目障りなら、[Back Space]キーや[Delete]キーを使って、この文字を消してからでも良いです。
反転表示が解除され、カーソルが表示されたら、通常の文字編集と同様文字を入力し、[Back Space]キーや[Delete]キーを使って文字を訂正します。

3.文字を入力したら、[OK] ボタンで決定します。
ここで[フォント](書体)や[サイズ](文字の大きさ)、太字、斜体の設定が可能です。

4.文書中のカーソルのある位置にワードアートが表示されます。